カフェ起業をした場合の集客方法とは?

店舗

さて、今回のコラムでは、カフェ起業一年目の方からご相談を頂きましたので、簡単にお答えしたいと思います。

ご相談内容は、『カフェを開業したのですが、地元に大手のスタバ等のカフェがたくさんあり、競合があって大変。どうして、自分のお店にお客様が来ないのか、教えて欲しい。』という趣旨のご相談でした。

実際にそのお店に行って、詳しく見ないと何ともわからない部分がありますが、私が言えることは、個人経営のお店とスタバなどの大手と、同じ土俵に立って比べると話にならないということだと思います。同じ土俵に立った瞬間、個人商店がいくら頑張ろうと、大抵のお客様は、おそらくスタバに行ってしまうと思います。

お客様は何を比べている?

お客様はなぜスタバに行ってしまうのか? それは、このご相談者様のお店のコーヒーが美味しくなさそうだからとか、そういった理由ではありません。

スタバの方が慣れてるし、価格もわかってるし、様子も知っているし、『失敗しない安心感』という何となくの理由で選んでいる人が多いと思います。なので、同じ土俵で比較されないこと。「選ばれる理由」が大切なのです。

お客様は何を比べている?

今、SNSの時代で、FacebookやLINEなどで情報が拡散します。よいカフェがあれば写真付きのコメントが拡散します。ただし、ただ拡散されればよいわけではありません。差別化されているニッチなカフェは、万人が好きなわけではないという要素を持っているからです。

とてもユニークなカフェの場合、せっかくソーシャルで拡散して、それを見た人がカフェに行ってくれても、『全然よくなかった』みたいなことを逆に書かれてしまったりして、うまく拡販に繋がらないことなどがあります。

ソーシャルでの戦略は、そういう意味では諸刃の剣です。ある程度万人受けするような平均点以上のを持っていなければ拡散すらしません。そして、拡散したとしても、ターゲットではないお客様を呼び込んでしまうと悪く書かれてしまうという、デメリットも出るということです。

では、個人カフェが取るべき戦略は?

では、個人のカフェはどのような戦略を取るべきか? もちろん、ソーシャルで拡散されるような万人受けを狙うのではありません。それではスタバには勝てません。

当然、狙ったお客様だけに来てもらう戦略を取る必要があります。そして、そのお客様のコミュニティの中で、発信してもらうのです。

最近では、どこの駅ビルに行っても、みんな同じようなお店しかなく、同じような景色ばかりで、面白くありませんよね。カフェも、同じように思っている層は必ずいると思います。

あなたのカフェは誰のために作られたのか?

あなたの創業理念を思い出してみましょう。自己満足だけのために開業した人などいないはずです。必ず、自分がこういうカフェが欲しかったと思っていた、需要を感じて今のお店が出来上がっていると思うのです。

万人向けの拡散を狙うのではなく、あなたが来てほしい人に来てほしい、そういう情報を発信してみましょう。いいカフェですよという情報は期待値ばかり高くなり、『スタバの方がよかった』と考える層を呼び込んでしまいます。

大切なのはお客様の選別です。あなたが来てほしい人に向かってあなたのカフェの特徴をどんどん発信し、コミュニティを形成するようにしましょう。

基本的な戦略ですが、スタバと競争しないためには、顧客の選別が必要なのです。『みんな来てください、よいカフェですよ』では、スタバが好きな人も来てしまい、悪い評価が立ってしまうのです。個人カフェがスタバと共存するためには、『こういう人だけ来てください』というメッセージ性の強い看板が大切です。

The following two tabs change content below.
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。